【体より難しい意識の改革】
今日はいつものレッスンの後に、仲良し二人組がセミプライベートレッスンにいらっしゃいました。
お二人とも50代後半。一見明るく元気いっぱいなのですが、其々、五十肩や腰椎すべり症などでお悩みです。若い頃は筋肉で持ちこたえても、筋力が落ちる50代過ぎると、今までの体の使い方のくせがどーん、と痛みとなって出てくる時期。
ご自分の体を知ってもらうことも兼ねて、コンディショニングポールでストレッチした後、背骨を一つずつ動かすことを意識したり、弱っているハムストリングや内転筋などのトレーニングをしたりしました。終わった後は、伸びた気がする、軽くなった、などの声をいただきました。
さて、ここまではよくあるパターンなのですが、問題は、継続できるかどうかということ。
体はいつからでも変えられます。難しいのは、「面倒くさい」から「続けよう」という意識に変えること。
10年先も元気に過ごしたいなら、一週間に一回は自分の体と向き合う時間を取って欲しいものです。
是非、近々お目にかかることを楽しみにしております。