【呼吸】
左右の肺に入る酸素の量の違いを意識したことがあるでしょうか?
片方の肩甲骨周りをコンディショニングポールでほぐしたり、側屈をして肋骨周りをストレッチする。この後、呼吸をすると、やった方とやってない方に入る空気量の違いに驚きます。
つまり、背中が強張っていたり、脇が硬いと、それだけで身体に取り入れる酸素の量が少なくなるわけです。
酸素はエネルギーを作り出す大事な要素。その為にも、しなやかな筋肉が必要です。