【知っていたお陰で】
昨日は、丸一日大阪でセミナー。帰りの電車の中で気分が悪くなりました。胃がムカムカ。普通なら帰って胃腸薬を飲むところですが、東洋医学を少し勉強したことで、自分の体と向き合うことができました。
その日の行動を振り返ってみると、人混みの大阪駅と満員の電車、たーくさんの学び、そして飲み慣れないアイスコーヒー。脾を司る「天食」「地食」「人食」が一杯一杯になり、胃に不調を訴えたのでした。ですから、薬は飲まなくて大丈夫、と判断し、寝る前に、頑張ってくれた脾に掌を当てると、普段は感じないドクドクがきっと、疲れた脾を労ろうと血液が集まってケアしようとしていたのでしょう。まさに、体の協力体制です。
昨日でワンクールが終わった「自然治癒力と東洋医学」のセミナー、私の体に対する向き合い方をまた一歩前進させてくれました。
今日も元気に活動できるのも内臓のお陰。感謝です