【腎臓】
レッスンの際に、筋肉や骨だけでなく、臓器の話をすることがあります。
例えば腎臓。どこにあり、いくつあるか、よく知らないまま過ごされている方がいらっしゃいます。
でも、腎臓は今まで文句も言わずに尿をちゃんと作ってくれていたわけです。
そんな方には、「今日、場所がわかって良かったですね。関心がないのは無視されるより辛いことですから、黙って働き続けてくれていた腎臓に感謝して、そしてこれからも宜しくね、という気持ちを込めてさすってあげましょう」と伝えます。
当たり前ではなく、今日も頑張って働いてくれている身体にありがとう