【過剰な労働】
今日は、仲良し2人組が体験に来てくださいました。
そのうちのお一人は、スクワットをしてもらったところ右に傾き気味。右の中臀筋が弱化していることがわかります。
筋膜リリースをすると、案の定、右の太腿の外側が左側よりも痛いとのこと。中臀筋が働かないので、その分頑張っていたわけです。そこで、中臀筋のトレーニングを多めに入れました。
ご本人は傾いていたことを全く気づいておられませんでした。でも、体は正直ですね。やはり、筋肉には本来の仕事をしてもらわないと、他の筋肉に過剰な労働をさせることになってしまいます。それが腰や関節に影響を与えることも。
悲鳴をあげないうちに、バランスの良い筋肉の使い方を練習することが大切です。