今日はインストラクター養成講座だったので、昨夜は大阪のピラティスのお友達のお家に泊めていただき、今朝はそこから移動。

金沢には無い地下鉄が大阪では移動手段として必須です。通勤時間と重なって座れなかったので(そうだ!ここでトレーニング^_^)と思い、コアのインナーマッスルを使って立ってみました。すると、膝にかかる負担が減り、足の裏の感覚が研ぎ澄まされてきました。膝が安定し、その分股関節と足関節がそれを助けてくれているような感じ。因みに、意識しないと、膝がグラグラし重さがズッシリと。それが面白くて、席が空いたのにも関わらず違いを楽しんでました。

電車の中でコアのインナーマッスルを使うって⁈と思われるかもしれませんが、普段のレッスンでやってる方はきっとできるはず。多分傍目から見たら違いは分からないけれど、カラダに感じる荷重は全く異なります。

インナーマッスルを使うとカラダが軽くなるとはこういうことだったのか♬とまたまたピラティスの良さを再確認。

チャンスはピンチの顔をしてやってきたのですね。